赤道州バンダカにおけるエボラ疑い例患者について

●11日に第一報で州都バンダカ(Mbandaka)で陽性反応が出たとされていた患者について、当国保健省は検査結果を後に陰性であったと発表しました。
●また、新たなエボラウイルス確定者は増えていないとのことです。
●バンダカでは、当国保健省とWHO関係者等が展開しておりますが、現地から寄せられる情報には一貫性のないものも含まれており、引き続き正確な情報収集に努めております。
●今後も十分に推移を見極めていく必要があります。

 今後も新たな情報があれば、直ちに皆様にお知らせします。

(本件担当)
在コンゴ民主共和国日本国大使館
領事担当 福井(+243 81 880 5912)

出発前には海外安全ホームページをチェック!
https://www.anzen.mofa.go.jp/