コンゴ(共)における保健非常事態の延長

2020/7/28
1  コンゴ(共)政府は24日、保健非常事態を、7月30日から更に20日間延長することを発表しました。
※  国境の再開は、8月20日を予定(ただし、同日までにセキュリティ、保健管理、適切な設備の設置等の対策が行われることを前提とする)。

2  また、28日午前5時から、ブラザビル及びポワント・ノワールにおいては、追加(変更)措置が示されました。概要は以下のとおりです。
(1)外出禁止時間帯の変更(20時~5時 ※これまでは22時~5時)
(2)市場の営業は週4日間(水、金、日曜日は閉鎖)

3 25日現在までの感染者数は3,159名、うち死者54名、治癒829名となっております。

4  在留邦人の皆様におかれましては、感染予防に万全を期すとともに、これまでの政府発表措置を遵守し、関連情報に十分留意しながら、慎重な行動を心掛けていただきますよう、お願いいたします。

(本件担当)
在コンゴ共和国日本国大使館
領事担当 上島(+243 81 880 5912)
医療担当 浅川(+243 81 880 5582)