夜間外出禁止措置の緩和等(22時~4時までの間)

2021/4/14
1 コンゴ(民)政府は、14日、コンゴ(民)における新型コロナウイルス感染の現状を受けて、夜間外出禁止措置の緩和及びワクチン接種キャンペーンの開始について発表しました。概要は以下のとおりです。
(1)外出禁止措置の緩和
 ○ 22時~4時までの間は外出禁止(これまでは21時~5時)
 ○ キンシャサ特別州を含む新規感染者数が減少している州が対象(具体的な州についての言及なし)
(2)ワクチン接種キャンペーンの開始
 ○ 19日から全国において開始
 ○ 任意であり、医療関係者、慢性疾患を持つ者等が優先対象
 
2 政府発表では(12日付け)、累計感染者数は28,665名(うち治癒25,841名、死者745名)となっております。内訳は、キンシャサ特別州20,432名、北キブ州2,192名、オー=カタンガ州1,911名、中央コンゴ州1,663名、南キブ州894名、ルアラバ州830名、イツリ州281名、チョポ州143名、オー=ウエレ州106名、赤道州62名、マニエマ州42名、北ウバンギ州40名、中央カサイ州17名、クウィル州9名、南ウバンギ州7名、タンガニーカ州7名、東カサイ州7名、バー=ウエレ州6名、クワンゴ州5名、カサイ州4名、チュアパ州3名、マイ=ンドンベ州2、オー=ロマミ州1名です。
※ 累計のうち1名はプロバブル(陽性の可能性が高いものの、亡くなって検体がとれない例)
※ 前日比:54増(チョポ州18増、北キブ州17増、キンシャサ特別州16増、中央コンゴ州2増、イツリ州1増)
 
(参考)
○          外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
○          厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
 
(本件担当)
在コンゴ民主共和国日本国大使館
領事担当 上島(+243 81 880 5912)
     松原(+243 81 514 6605)
医療担当 浅川(+243 81 880 5582)